今後に必要な条件を考えて選んだ薬剤師のパートの求人

今後のために選んだ薬剤師のパートという働き方

薬剤師の転職先、何を基準にして選ぶ?自分が後悔しないように、という観点で求人を絞り込む今後のために選んだ薬剤師のパートという働き方

しかし、もともと夫が働いているので、キャリアパスがしっかりとしていて昇進できるということは必ずしも重要視しなくても良いと考えました。
給料が高いに越したことはありませんが、それにこだわらずに時間の自由が得やすいことが必要条件だとわかったのです。
すると、常勤で働くよりもパートの方が良いのではないかと考えるようになりました。
薬剤師のパートの求人は常勤よりも豊富にあって勤務条件も選びやすい状況があります。
そのメリットを考えて、ちょうど良い機会としてパートで働くことを選びました。
そう考えてしまうと勤務時間の問題はほとんどなくなるので、どの調剤薬局でも基本的には良いという結論に達したのです。
より時間を無駄にしないために、通勤時間が短いということを重視して選ぶことにしました。
それでもなおいくつもの求人が候補になりましたが、少しでも給料が高いところを優先して受けていって、採用されたところで転職活動も終わりにしようということに決めたのです。
候補の数がかなり多かったので気軽に受けてしまいましたが、もともとのキャリアもあったのですぐに採用してもらうことができました。
今後を考えてパートを選んだのはきっと良い判断だったと信じています。